あなたの胃酸が出ているかを確認する方法

栄養素を体内に吸収し、「健康な身体」を維持するためには、胃酸がきちんと分泌できるように身体作りを行う必要があります。そのためには、現段階で胃酸がきちんと出ているかを確認する必要があります。

ただ、そうはいっても「自分の胃酸がきちんと出ているかってどうやって確認するの?」と思うでしょう。そこで、今回はあなたの胃酸がきちんと出ているかを確認する方法について解説していきます。

レモン汁を使って胃酸が出ているか確認する

まず、胃酸の分泌を確認する一つの方法として、コンビニやスーパーに売っている「レモン汁」を用いて確認する方法を教えます。

まず、生のレモンをひとつ用意します。次に、飲み水を用意します。生のレモンを半分に切って、コップに汁を絞り、水を入れます。この水はだいたい3倍程度に薄めます。

次に、このレモン水を飲みながら、食事をします。イメージで言うと、一口食べたら一口飲むといった具合です。そうして食事をしながら、レモン水をなくしていきます。

もし、このように食事をして3時間程度したら、「げっぷが出る」「胃がむかむかする」といった状態になれば、胃酸の分泌は正常であると判断できます。逆に、いつもより胃がすっきりし、お腹がすくのが早い人は高い確率で胃酸の分泌が低下しています。

れもん水を飲んで胃酸の分泌度がわかる理由

胃酸とれもんは近い酸度を持っています。つまり、れもん汁を飲むと、胃酸の働きを補うことができます。

つまり、胃酸分泌が弱い人は、普段より消化吸収が進むために「おなかがすっきりする」感覚になります。一方、普段から胃酸がきちんと分泌されている方は、いつも以上に胃袋内の酸度が強くなるために、「気分が悪い」感覚に陥ります。

もし、生のレモンが用意できなければ、市販で売られている「ぽかれもん」でも問題ありません。ぽかれもんを購入し、レモン水を用意し、食事で摂取しましょう。

重曹でわかる胃酸の分泌量チェック法

次に、胃酸が出ているかの確認として「重曹(じゅうそう)」を用いた方法があります。重曹は薬局に行くと売られている白い粉です。

確認法として、まず、冷たい水150ミリリットルに1/4ティースプーンの重曹を混ぜます。次に、食前にこの重曹入りの水を飲んでください。重曹を飲んだ後、3分程度待ってください。

もし、あなたが胃酸を適切に分泌できている場合、重曹を飲んだ後にげっぷが出ます。逆に、3分待ってもげっぷが出ない場合、胃酸の分泌が弱っている危険があります。

重曹によって胃酸が分泌されているかわかる理由

次に、なぜ重曹によって、胃酸の分泌ができているかわかるかを解説します。それは、重曹と胃酸が混ざり合うと、ガスが発生してげっぷとして体外に出るからです。

重曹は、「炭酸水素ナトリウム」と呼ばれる弱いアルカリ性の物質です。次に、胃酸の9割は「塩酸」と呼ばれる強い酸性の物質でできています。二つの物質が混ざると、「塩化ナトリウム」「水」「二酸化炭素」と三つの物質に分解され、塩酸の酸性度を弱めます。上に書いた文章を化学反応式で説明すると

NaHCO3 + HCL → NaCl + H2O + CO2(二酸化炭素)

この二酸化炭素がげっぷとして出ます。胃酸の分泌がきちんとなされているほど、げっぷが早くでます。もし、げっぷが出ない場合、食物を分解するほどの

重曹は身近な薬の中に含まれています。例えば、薬の中には、「飲みすぎ」「胸やけ」「胃の不快感」に効く薬(例:太田胃散や新キャベジンコーワなど)があります。これらの薬の中には、炭酸水素ナトリウムが50パーセント含まれています。

便の状態からわかる胃酸の分泌をチェックする

次に、便の状態から胃酸の分泌度を確かめる方法があります。

自分の便を見て、「米粒」「肉の破片」「サプリメントのかけら」などがないかを確認してみてください。こうした成分が残ったまま排泄されている場合は胃酸が不足しているのがわかります。

もし、上記にある成分が排泄されている場合、食事のときの咀嚼(そしゃく:噛むこと)が足りていない、さらに食物を細かく分解するための胃酸が足りていないのがわかります。

つまり、あなたが胃酸分泌がきちんとなされているかの基準を表にまとめると。

れもん水による確認 重曹による確認 便の状態による確認
胃酸分泌 〇
胃酸分泌 ×

胃酸不足によって起こる症状

さらに、以下の症状に悩まされている場合、あなたは「胃酸不足」に悩んでいるかもしれません。

・食後におなかが張る

・食後すぐに胸やけする

・すぐに満腹感を感じる

・便秘、下痢になりやすい

・爪が弱く、割れやすい、髪が抜けやすい

・疲れやすく、脱力感がある

このような症状に悩まされてしまった場合、胃酸の分泌が低下している危険があります。

胃酸分泌不足によって起こる障害

すでに、胃酸が低下すると様々な悩みに陥ることがわかりました。そして、日本人は外国人に比べて胃酸の酸度が弱くなりやすいです。つまり、消化能力が低くなりやすい体質であることも説明しました。それゆえ、胃酸の分泌能力を高くすることも推奨します。

胃酸分泌が不足すると、栄養吸収の能力が下がります。すると、体内の細胞に必要な栄養素を取り入れることができません。私は、日本人にとっての健康とは、「食べたものがきちんと栄養素として吸収できる身体」と感じています。そのためには、内臓器官の中で、日本人が最も弱りやすい「胃」に注目し、胃の能力を高めることを第一に考える必要があると感じています。

まずは、胃酸の分泌がきちんと出るかを検討ください。次に、「胃酸の分泌を高める工夫」を行い、日々の食事をきちんと取り入れるようにしてください。

 

弓道健康法セミナー開催