腰方形筋の重要性を読み解く:酸素不足を解消する

健康な身体を構築するために「腰方形筋」をゆるめよう

☆疲労を感じるのは「酸素」が足りなくなってるから

☆酸素を細胞に送るためには、腎臓の機能を高める。そのために、腰方形筋を緩める

健康な身体を構築するために、ストレッチやマッサージを行い、筋肉をゆるめるのは大切です。そこで、疲労感を軽減し、健康な身体を構築するためには「腰方形筋」を緩めるようにしましょう。

疲労を取ると言われると、あなたは「睡眠をとる」「サプリメントを服用する」「規則正しい生活を取る」といったことを想像するかもしれません。しかし、今の世の中、仕事が多く、心が休まることがない社会で「十分な睡眠」「規則正しい生活」を実践するのは難しいですよね。そこで、全身の筋肉を緩め、効率よく疲労を取るのに「腰方形筋」が重要となります。

なぜなら、腰方形筋を緩めると、「深い呼吸」を手に入れられるからです。それだけではなく、体内に十分な酸素を取り入れたなら、次にそれらを内蔵・筋肉といった組織にきちんと送り込まなければいけません。そこで、腰方形筋と関連する「腎臓」が重要となるのです。

その詳細について以下に解説していきます。

 

酸素不足になると、身体はだるくなる

まず、人の体は酸素が不足すると、だるくなったり、疲労感が増幅します。それは、体内が酸素不足に陥ると、体内の体液が酸性側に偏るからです。

人は呼吸動作を行う際に、酸素を吸って二酸化炭素が吐き出されます。この際の酸素は細胞内ではエネルギー(生物学的にはATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる)を産生するための物質です。歩くとき、考えるとき、体を動かすとき、全ての場合に、エネルギーは必要で、合成するためには酸素が必要となります。

肺活量は英語で「バイタル キャパシティ」とも呼ばれ、「生命力」とも訳されます。心臓の収縮力や肺活量が高いことは、細胞内に送られる酸素量が多いことを指します。つまり、身体の健康度が高いことは、細胞内に送る酸素量が多いことと同義といえます。

最初に、呼吸の吸う動作によって、体外から酸素が取り込まれます。次に、酸素が細胞内にあるミトコンドリアによって、ATPが産生されます。これによって、身体を動かすためのエネルギーが向上しますが、同時に二酸化炭素が発生します。本来であれば、息を吐く動作によって、体内の二酸化炭素は吐き出されます。

しかし、現代人は姿勢不良、ストレス過多な生活を送っているために、呼吸動作が浅くなっています。つまり、体外に二酸化炭素を吐き出す量が低下しているために、体内の二酸化炭素濃度が増えています。これによって、体内の体液が酸性側に偏り、血液の成分がドロドロになります。これによって、身体の疲労度が上がります。

つまり、常に身体を健康状態に維持するためには、準備段階として、呼吸動作を深くしなければいけません。そのためには、腰方形筋をゆるめ、横隔膜(みぞおち付近にある空気を取り込むために腹圧を調節する膜)の上下運動を円滑にする必要があります。

腰方形筋をゆるめる→横隔膜が上下運動しやすくなる→酸素が取り込まれやすくなる

酸素をエネルギーを変えるには腎機能を高めなければいけない

次に、身体の疲れ改善、パフォーマンス向上につなげるためには、体内に取り込んだ酸素を細胞に送らなければいけません。そのためには、体内にある腎臓の機能を高める必要があります。なぜなら、腎機能を高めることで、酸素を効率よく細胞に届けるための物質を多く生産できるからです。

空気中の酸素は血液内に取り込まれたら、血管中を流れ、細胞内に運ばれていきます。この際に、血液内にある「ヘモグロビン」が酸素と結びつき、血管内に流れていきます。そして、エネルギーを必要とする細胞の近くに酸化ヘモグロビンが運ばれ、周辺で酸素が離され、細胞に送られます。

そして、体内の臓器である腎臓はヘモグロビンを多く生産するために必要な臓器です。腎臓の役目として、「尿をつくる」以外に、ヘモグロビンを作る酵素である「エリスリポエチン」を産生することが挙げらられます。エリスリポエチンは赤血球を生産する因子の一つであり、医療現場では、「貧血症状を改善する」ために

ただ、腰方形筋に凝りが出ている場合、腎機能が低下している可能性があります。腎臓には、腎臓周りを保護する「ジェロタ筋膜」と呼ばれる腰方形筋の後ろには、腎臓が存在し

弓道健康法セミナー開催

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA