「頸の後ろ」を整え、様々な技・身体使いを取得し、

パフォーマンス向上・ストレスに強い身体を実現する稽古会

「RKYメソッド」

 

現在、当健康所では、一般人・スポーツ選手を対象に、弓道に基づく姿勢・身体の使い方・施術を行っております。今回、当健康所で行っている身体の使い方・セルフケア・姿勢作りを取得する稽古会を開催します。

 

ストレス・慢性痛・スポーツでの悩みに勝つ姿勢を構築する3つのステップ

以下の3つの悩みのうち、あなたはどれに当てはまりますか?

1.ずっと体の疲れや痛みがとれない

2、全身の筋肉を今より活用し、パフォーマンスをさらに伸ばしたい

3、既存の健康常識や薬・サプリを試しても症状や体の痛みが改善されない

これらの内容は、弓道における「姿勢」「身体の使い方」を体得することで解決できます。

当健康所では、このような症状・悩みに対して、「首の後ろ」に注目することで解決に向かいます。首の後ろを伸ばすと、姿勢が整い、さらに全身の筋肉を使いやすくなります。加えて、反応性、俊敏性、自然治癒力を高めることができ、「ストレスに強い身体」の構築を実現できます。

今回は、当健康所で様々なスポーツパフォーマンスの向上に成功し、症状の改善に成功した「頸の後ろを整える」具体的手法について解説していきます。

 

ステップ1:全ての身体の問題は「首を伸ばす」ことで解決できる

弓道の世界では、身体を合理的に活用するための「首の後ろ」を伸ばします。この姿勢を構築することで、無駄な上半身の力みを取り去り、身体を効率よく動かせるようにします。現在、100人以上のスポーツ選手に当健康所での姿勢を構築したところ、「持久力」「柔軟性」「パワー」が向上したことがわかっています。

首の後ろを伸ばすことで、背骨が上方に伸ばされ、胴体のブレが大幅に軽減されます。胴体のブレが少なくなることで、

以下の動画のような動きも「首の後ろ」を伸ばすことで、誰でも実行できるようになります。具体的な筋肉の使い方、意識の持ち方は多少異なるので、意識の仕方はこちらがすべて解説します。

セミナーでは、今後ストレスに打ち勝つための姿勢を体で身に着けてもらいます。姿勢を変えることで「身体の痛みがなくなった」「歩きやすくなった」「体が楽に動く」といった感覚を手に入れられます。受講者には、「姿勢」を変えてもらい、さらに個々の「身体の使い方」まで改善してもらいます。

 

ステップ2:首の後ろを伸ばせば、様々な「技」を身に着ける

ただ、「首の後ろを伸ばす」重要性はこれだけではありません。首を伸ばす重要性はこれだけにとどまりません。

他にも応用する手法があります。そこで、当稽古会で「頸の後ろ」を伸ばすことで、実現できる様々な身体使いがあります。これらを身に着ければ、スポーツパフォーマンス向上、慢性痛の改善と様々な分野で改善することができます。

そこで、当健康所がオリジナルで行っている技・身体の使い方を勉強してもらいます。これらの身体使いは「首の後ろ」を伸ばすことで取得可能です。加えてあらゆる動き・スポーツに応用でき、パフォーマンス向上を実現できます。これまで、9割以上の方からパフォーマンス向上の報告のあった手法について解説していきます。

これらの応用法や技を数多く体得することで日常・スポーツパフォーマンス向上につなげることができます。

具体的な応用法の一例

①首を伸ばせば、全身の力みを取り去ることが可能

人は考えるとき、物を持つとき、動くときに力が入ります。そこで、各動作において「頸の後ろ」を伸ばすことで、腕・脚・背中の筋肉の力みの取り方を学んでもらいます。野球・ゴルフ・剣道のような道具を持つスポーツであれば、腕の力みがとれると、スイングスピードやパワーが倍増することがわかっています。

あるいは、普段から緊張しやすい人は、簡単に緊張を取り去ることも可能です。当稽古会で行う「頸の後ろ」→全身の力みを取る手法を体得することで、スポーツ・健康分野で役立てることができます。

②首を伸ばせば、相手の気配がわかる

さらに、首の後ろを伸ばすことで、相手の気配、雰囲気などが普段よりわかるようになります。剣道、格闘技の世界では「相手の間合いに入る」「相手の動きを読む」といった反射神経を高める必要があります。しかし、これも「頸の後ろ」を伸ばし、種々の稽古方法を行えば、容易に伸ばすことができます。

これは、運動、武道未経験者の主婦でも身に着けることができます。あなたも「頸の後ろ」を伸ばして違う世界を見つけてみませんか?

③首を伸ばせば、肩・腰の痛みが取れる

これまでの腰、肩、膝の痛み治療をしてきた経験から、慢性痛を改善するための具体的手法をお伝えします。首、肩、腰の痛みの凝りの問題の原因は一つであり「頸の後ろ」に集約されます。首の後ろを伸ばす方法、加えてゆるめる手法を体得することで、これらの慢性痛からも解放されます。

④首の後ろに刺激を与え、身体の柔軟性を高める

首の後ろを含め、頭部には全身の筋肉を柔軟にする急所が多く存在します。これらを首を伸ばし、刺激を与えることで「前屈」「開脚」といった柔軟運動が行いやすくなります。スポーツ、一般人ともに身体の柔軟性がなく困っている方が多くいます。しかし、この手法を用いれば、柔軟性が向上し、「怪我しにくい身体」を実現できます。

⑤その他、栄養療法、指圧法、個々のスポーツの悩みを受け付けます

さらに、セミナー内では、ストレスに打ち勝つための栄養療法、個々のスポーツの悩みを受け付けます。参加者全員に永続的に健康な身体を維持するためのポイントを実体験を踏まえて、解説していきます。

以上により、セミナーを受けた後は、普段の「姿勢」が理想の状態に変わり、全身運動が行いやすく、無駄な力みのない身体を構築できます。これら3つの手法は、今後仕事やスポーツでストレスに打ち勝ち、慢性痛や身体の悩みを解消し、パフォーマンスを向上させるために必要となります。

実力向上の一例

なお、当健康所の姿勢・身体の使い方を身に着ければ、慢性病の改善からスポーツパフォーマンス向上まで実現できます。私事ですが、この手法を用いて、大幅にスポーツパフォーマンス向上に実現できています。

・フルマラソン5時間→3時間5分

・100kmマラソン、上位順位にて完走

・トライアスロンミドルの部:ラン種目 1時間28分(8位)

そのほかに、トライアスロン、サッカー、野球、柔道、剣道など多岐のスポーツ関係者が集まりました。それによって、パフォーマンス向上の報告をいただいています。

参加者には特典があります。

なお、当健康所のセミナーに参加された方には特典をお渡しします。

①サイト未公開の特典動画をお渡しします

当健康所で実践する、姿勢構築法、身体の使い方にまつわる動画を無料でプレゼントします。ご自身のスポーツ・仕事にご活用ください。

セミナーの日時

セミナーの日時をお伝えします。

東京会場:2月28日(水) 19~21時半

大阪会場:3月17日(土) 16~19時

定員:3~5名程度

持ち物:バスタオル一枚、動きやすい服装、飲み物、

金額:7000円(当健康所の会員様の場合、1500円となります。)

注:二人で参加の場合は、10000円になります。

 

特に、「弓道で実践される姿勢」を構築する手法を学んでもらいます。さらに、弓道の姿勢では、「首の後ろ」の筋肉の意識を変えます。弓道における姿勢の整え方を日々実践していただくと、身体の動きの質を上げることができます。

身体の中でも「後頭下筋(首の後ろの筋肉)」「腰方形筋(肋骨と骨盤の間の筋肉)」をゆるめる手法、体操法を実践することで、ストレスに強い身体を構築することができます。当健康所はこれらの内容をすべて学び、総合的に身体を改善することで結果的に元気な体を構築できるように指導します。これらの健康法を実践し、これまで「慢性疲労」「アトピー」「腰痛」「肩こり」などが改善されてきます。

常識を転換しましょう

さて、最後になりましたが、皆様に今後お伝えしたいことがあります。

今後、「常識を転換する思考」は大切になります。特に健康の分野では。

世の中には、様々な健康法があります。そして、「〇〇式ダイエット」「▽▽食事法」など、健康的な食事法があります。そして、トレーニング」など、カラダを鍛える方法は世の中に多くあります・ただ、こうした情報の大前提として「人それぞれ合う合わないが出る」ことが挙げられます。

もしも、あなたが既存の健康常識で症状が治ったのであればそれでよいでしょう。しかし、健康について深く・かつ広い視点で学ばなければ、一つの健康法だけで病気や健康状態を改善しようとするのは困難です。いくら、その情報や健康法が素晴らしいものであったとしても、あなたの身体に合わないものであれば使えません。

そうして、身体に合わない健康法を選択すると、いくら薬を飲んでも症状は改善されず、浪費をしてしまいます。現実世界、医療機関では治しにくい症状は年々増加しています。これだけ医療機器・薬が開発され、腰痛や肩こりの原因は解明されているのにも関わらず、慢性痛に悩まされている方は年々増加しています。

そこで、当健康所では既存の医療常識やスポーツの知識とは異なる手法で健康に導きます。上記した首の後ろと腰方形筋は脳機能と大きく関係しており、ゆるめ、柔軟性を高めていくことで、精神や気持ちが安定していきます。それによって、脳から関係する内臓・筋肉の活動まで安定していきます。

難しいことはありません

これからの時代は、世の中の健康法を多角的に観察し、自分に合った健康法や体つくりを行うために必要な考え方を学んでいく必要があります。既存の医療常識にない健康になる第三の方法が「弓道健康法」です。

東京会場:2月28日(日) 19~21時半

大阪会場:3月17日(土) 16~19時

定員:3~5名程度

持ち物:バスタオル一枚、動きやすい服装、飲み物、

金額:7000円(当健康所の会員様の場合、1500円となります。)

注:二人で参加の場合は、10000円になります。